産み分けをしようと思った理由

産み分けをしようと思った理由についてアンケートを取ってみると、そこには色々な事情や理由がある事がわかりました。

そのなかからいくつかピックアップしてみましょう。

1人目に男の子を出産して、2人目は女の子が欲しかったから。

1人目は男の子が生まれ、次は女の子がいいと夫が希望したからです。

●初めは男の子が欲しいなと思ったから。

ますは分かりやすい理由です。子どもは二人で家族計画をしている人は多いので、一人が男の子なら、もう一人は女の子が欲しくなるのは自然な気持ちでしょう。ただ、二人目よりも三人目の方がきっちり産み分けたいという気持ちが強いようです。

●男の子が2人だったので次こそはと思いました。

2人続けて男の子だったので女の子がほしかったから。

●長女、次女が誕生し、長男が欲しいと思ったため。

特に良くあるのは、男の子が二人続いた場合、どうしても女の子が欲しくなるというのはお母さんの切実な気持ちのようです。もちろんその逆もあるのですが、その場合なぜかあまり強く言われないような気がするのはなぜでしょか?

産み分けの話を聞く時、特に女の子を望まれるパターンが多いような気がします。

1人目が男の子で、結構活発で大変だったのと次は女の子が欲しくて

●旦那が女の子が欲しいと言っていたからです。

●女の子は家に帰ってきてくれるので、将来のことを考えて女の子が欲しかったから。

●自分が兄と二人兄弟で姉妹に憧れていたため、1人目が女の子だったので、できれば姉妹にしたいと思ったので

●幼稚園で働いていたことがあり、女の子の方がやはり面倒見が良く上の子は女の子だと嬉しいなと思ったから。

女の子を望む場合はメリットが多いのか、特に女の子を望む理由がバラエティに富んでいます。面倒見のよさであったり、育てやすいことであったり…という理由もあるのですが、やはりお母さんとしては、同性で理解しやすいであるとか、おしゃれなど興味が共通するということが大きいのではないでしょうか。

そして、外圧があってどちらかが特に欲しいと思われるパターン。

●一人目が女の子で、旦那や旦那の家族が二人目は男の子がいいと強く希望していたため。

●義両親が男の子を望んだから。

これは、まだまだ日本では男子優位の考え方が残っているということなのでしょう。昔に比べて、現代は随分社会環境は変化したようには思うのですが、まだまだ長男が必要とされているところはあるようです。

たとえば、どうしても産み分けなきゃいけない人におススメの情報

効果はあるの?ベイビーサポートの産み分け成功率